払えないもん生命保険

人気記事ランキング

ホーム > フットサル > フットサルを初体験!サッカーとはどう違う?感じた事!

フットサルを初体験!サッカーとはどう違う?感じた事!

フットサルを初体験しました。

 

フットサルは、社会人サッカーチームのメンツが集まってやっている所に参加させてもらいました。

 

 

フットサルをはじめてやってみて思ったのは、サッカーとは似ているけど全然違うって事です。

 

体育館という時点でもう全然違いますし、ボールも小さく、シューズも違いますし、なんだか色々勝手が違います。

 

 

あとから知りましたが、フットサルはレガースを付けたりしないそうですね。

 

という事で、サッカーみたいに足をガンガン蹴ったりしてはいけないみたいです。(サッカーもダメですけど…)

 

 

何と言うか、もっとデリケートにプレーしないといけないみたいですね。

 

ラフプレーはとにかく禁止。

 

 

そこをはじめはわからないでやっていたので、相手にはとても迷惑をかけたような気がします。

 

 

私はディフェンスタイプの結構ラフプレー寄りのタイプなので…。

 

 

まぁ、サッカーと同じ感覚でやっている人も多いですから、あんまり気にしていないのかもしれませんが、フットサル詳しい人からしたら、同じ調子でやっていると何やってんねんという感じらしいです。

 

 

ガッツリ削ったりすると良く無いみたいですね。

 

というか、どれくらいやれば良いのか全然わからずに困ってしまう部分もあります。

 

 

 

体育館ですし、バスケットボールをやっている様な感覚に近い感じもします。

 

 

キュッキュッと止まりますし、走っている感じも完全にバスケ時代を思いだします。

 

 

足でボールコントロールしてるバスケって感じですね。

 

 

ハンドボールやってた人は、そっちの方が感覚は近いのかもしれません。

 

 

そして、なんといってもフットサルはシューズがフラットなゴム底ですから足技がみんなすごいです。

 

 

みんなボールを舐めるように足の裏で転がします。

 

 

サッカースパイクはゴツゴツしているから足裏は使いにくいですが、フットサルシューズは平らですから自由自在という感じです。

 

 

最近はだから、上手い選手は大体サッカーとフットサル両方やっているみたいですね。

 

 

なので若い選手は足技の技量が半端ないです。

 

ポジションに関わらずみんなボールコントロール能力が半端なく高いです。

 

 

 

フットサルは難しいですが、ボールを持つ機会も多いですし、個人技が磨ける事は間違いないですから、これはこれという感じでやっていけば上達も早まると思います。

シューズを買う時のおすすめ→フットサルシューズの激安通販情報!